Iriomote Wildlife Conservation Center ロゴ
メニュー写真 
■HOME>
■センター施設情報
>
>
>
■TOPICSに戻る>
■西表島で気をつけていただきたいこと
>
>
>
>
>
■イリオモテヤマネコについて
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
これまでに掲載したTOPICS一覧


 2012/3/1 イリオモテヤマネコ調査体験観察会「ヤマネコ探偵団」
 西表石垣パークボランティア連絡会の協力のもと、2月26日にイリオモテヤマネコ観察会を開催しました。観察会では、参加者がヤマネコ探偵団の探偵となって「イリオモテヤマネコがこの小さな西表島で生き残ってきたのはなぜだろう?」という謎に挑戦しました。
 あいにくの雨で、野外での調査は体験できませんでしたが、野生生物保護センターの館内をフルに活用して痕跡調査の方法を学んだり、自動撮影調査やフン分析を体験したりすることができ、参加者はみんな名探偵になりました。
足跡クイズに挑戦!


イリオモテヤマネコのフンを観察
▲ まずはヤマネコの足跡クイズに挑戦。大きさはどれくらいかな?指は何本あるかな?   ▲ 野外でフンを探すことができなかったので、拾っておいたフンを熱心に観察。
個体識別クイズ
▲ ヤマネコの顔や胸の模様から、どのヤマネコの写真かを当てる個体識別クイズ。「耳に傷がある!」「目がおかしい!」と次々に違いを見つけ出していく子どもたちにスタッフもびっくり。
フン分析
▲ 班ごとにヤマネコのフン分析。フンの中身から、ヤマネコがどんなものを食べているか調べます。
フン分析 フン分析

▲ ピンセットを使って、骨や毛、など同じものどうしを
分類していきます。「これは何の骨かな?」「これは何
のウロコだろう?」探偵になりきって考えます。

  ▲ フン分析の結果発表。フンを拾った季節や場所によって、出てくるものが違いました。
 2012/2/22 カンムリワシ一斉カウント調査延期のお知らせ
 カンムリワシの一斉カウント調査は天候の悪化で延期となりました。調査の日程は下記の通りです。参加ご希望の方は、2月25日までにお申込み下さい。

【調査日程】
  ◎西表島  2012年3月3日(土) 8:00〜10:00
  ◎石垣島  2012年3月4日(日) 8:00〜10:00

 2012/1/25 カンムリワシ一斉カウント調査のお知らせ

  平成18年に一斉調査を実施して以来、今年6年ぶりに石垣島及び西表島のカンムリワシ個体数の変化を把握するために環境省が一斉調査を実施します。その際にご協力いただけるボランティア調査員を募集します。
より精度の高い調査を行うため、ボランティア調査員には下記の日程で実施されるカンムリワシ調査説明・講演会に参加していただく必要があります。この催しでは、八重山だけでなくアジアのカンムリワシの生態や餌動物である八重山の両生・は虫類について専門家による講演も行われます。
カンムリワシの保全のため、皆さんの調査への参加をお待ちしています。

カンムリワシ

【一斉調査説明会・講演会】
○アジア地域のカンムリワシ及びその他猛禽類
講演者:山崎 亨(アジア猛禽類ネットワーク会長)
○八重山の両生は虫類:カンムリワシの餌動物として
講演者:当山 昌直(沖縄生物学会)

 調査に参加される方は以下のいずれかの説明会に必ずご参加ください。
  ◎石垣島(環境省 国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター)
                                    2012年2月4日(土)14:00〜16:00
  ◎西表島東部(竹富町離島振興総合センター)  2012年2月4日(土)19:00〜21:00
  ◎西表島西部(船浦地域活性化施設)  2012年2月5日(日)10:00〜12:00

【一斉カウント調査】
  ◎西表島  2012年2月18日(土) 8:00〜10:00
  ◎石垣島  2012年2月19日(日) 8:00〜10:00

【お問い合わせ】
  ◎西表自然保護官事務所 0980−84−7130
  ◎石垣自然保護官事務所 0980−82−4768

 2011/11/2 2011年度イリオモテヤマネコ冬の交通事故防止キャンペーン開始
2011冬の交通事故防止キャンペーン

 

2011冬のキャンペーンポスター
↑クリックすると詳細が見られます


冬は、イリオモテヤマネコの繁殖期にあたり、オスのヤマネコの活動が活発になり、行動圏が広がります。また、親離れして独立したばかりの若いヤマネコも分散を始める季節で、一年のうちでもっとも交通事故の発生しやすい季節となっています。

このため、今期も以下の内容で地域住民や観光客への啓発を行い注意喚起を促すことを目的としたキャンペーンを実施します。

☆ドライバーの皆様へ
西表島で自動車を運転される際は、スピードは控えめにし、路上の野生動物に十分注意して下さい。特に夜間はヤマネコの活動が活発になるため、より慎重な運転をお願いします。

【期間】
  2011年11月1日〜2012年2月29日
【実施機関】
  環境省那覇自然環境事務所・林野庁沖縄森林管理署・西表森林環境保全ふれあいセンター・沖縄県・八重山警察署・竹富町・竹富町教育委員会・西表石垣国立公園パークボランティア連絡会
【内容】

・西表島内各所にポスターの掲示
・西表島内各所および石垣港離島ターミナルにおけるチラシの配布、着ぐるみによるPR活動
・竹富町防災無線による広報竹富町防災無線による広報
・イリオモテヤマネコの交通事故防止ポスター展
・注意標識清掃ボランティア活動「ヤマネコ注意標識おそうじ隊」の実施
・「やまねこマラソン」における広報
・イリオモテヤマネコ観察会の実施
・イリオモテヤマネコ交通事故防止のための意見交換会の実施
・その他

 イリオモテヤマネコの交通事故防止ポスター展

 冬のキャンペーンのポスターとして島内の小中学校で募集した絵を、西表大原郵便局と西表島郵便局にて展示します。
 素敵な作品が集まりましたので、ぜひ見に来てください♪

2011冬ポスター展
【西表大原郵便局(大原)】 2011年11月16日(水)〜11月29日(火)
【西表島郵便局(祖納)】 2011年12月2日(金)〜12月16日(金)
【西表野生生物保護センター】 2011年12月17日(土)〜2012年1月31日(火)
 2011/10/18 サシバの森の観察会

 西表石垣パークボランティア連絡会の協力のもと、10月10日にサシバの森の観察会を開催しました。この観察会は、西表島の秋の風物詩ともいえるサシバが、渡りの途中でねぐらとして利用する仲間川上流の森(大富林道)を歩いて、自分だけの秋を見つけよう、をテーマにした自然観察会です。
今年は大きな台風が直撃することがなかったためか、山の様子はおおむね良好で、あいにくの小雨模様で予定の変更もありましたが、昨年と比べても多くの植物を観察することができました。

 

幼虫に驚く参加者
 

ネイチャーゲーム

 
▲ 小雨が降るなか、クワズイモの傘を差して元気に歩き、小さな生きものを見つけて驚いたり、リーダーさんの話を熱心に聞いている子供たちの姿が印象的でした。   ▲ ネイチャーゲームの「かるた」はとても盛り上がり、子供たちはテーブルの上に乗って頭を突き合わせるようにして夢中になっていました。  
双眼鏡で観察中  
▲ 残念ながら、サシバは見られませんでしたが、双眼鏡の使い方を教えてもらった子供たちは、双眼鏡を使っていろいろなものを観察していました。  
ヤエヤマセンニンソウ   オオジョロウグモ  
▲ ヤエヤマセンニンソウは満開。   ▲ セミを食べるオオジョロウグモ。  
集合写真
 
▲ 仲間川展望台で記念撮影。  
 2011/9/2 夏の交通事故防止キャンペーンが終了しました。

 多くの皆様にご協力頂き、交通事故防止キャンペーンが終了いたしました。 活動の内容についてはイリオモテヤマネコNEWSにてご報告していますのでぜひご覧になってください。

 残念ながら、8月10日に古見でヤマネコの子ネコの死体が発見され、詳細を調べた結果、交通事故に遭って死んでしまったものと判明しました(詳細はイリオモテヤマネコNEWS)。

 島内では親離れした子ネコなどの路上での目撃が多発しています。引き続き、注意して運転して頂けますよう、よろしくお願いいたします。

 2011/7/20 2011年度イリオモテヤマネコ夏の交通事故防止キャンペーン開始
夏の交通事故防止キャンペーン

 

2011夏ポスター
↑クリックすると詳細が見られます


 夏はイリオモテヤマネコの子育て時期にあたり、メスの活動が活発になります。鳥類やカエル、昆虫類などさまざまな小動物が道路上に出てきており、路上で死んだこれらの小動物を求めてヤマネコも道路上に現れることが多くなり、
交通事故が発生しやすい傾向があります。

このため、今期も以下の内容で地域住民や観光客への啓発を行い注意喚起を促すことを目的としたキャンペーンを実施します。

☆ドライバーの皆様へ
西表島で自動車を運転される際は、法定速度を守り、スピードは控えめにし、路上の野生動物に十分注意して下さい。特に夜間はヤマネコの活動が活発になるため、より慎重な運転をお願いします。

【期間】
  2011年7月20日〜2011年8月31日
【実施機関】
  主催: 環境省那覇自然環境事務所
【内容】
・西表島内各所にポスターの掲示
・西表島内各所および石垣港離島ターミナルにおけるチラシの配布、着ぐるみによるPR活動(イリオモテヤマネコNEWS「夏の交通事故防止キャンペーンPR」にご報告)
・レンタカー業者との共同による「野生動物の交通事故防止活動」実施
・イリオモテヤマネコの交通事故防止ポスターコンクール(西表島内小中学校対象)
・竹富町防災無線による広報
・島民を対象としたイリオモテヤマネコ講演会の開催(イリオモテヤマネコNEWS「ヤマネコ講座」にご報告)
・その他
 「ヤマネコたちのための安全運転宣言」本格的な運用開始
          〜レンタカー業者との共同による野生動物の交通事故防止活動

安全運転宣言してみませんか?安全運転宣言書マグネットステッカー


左: ヤマネコたちのための安全運転宣言書
(図をクリックすると詳細が見られます)
右: レンタカーに貼るマグネット

安全運転宣言のお誘い

  野生動物の交通事故を減らすために、「レンタカーのお客さまに安全運転宣言をしてもらう」という活動を、西表島のレンタカー各社と協力して実施しています。 2010年11月より試運用が開始し、2011年4月から、カードも新しくなっていよいよ本格的にスタートしました。

【安全運転宣言カード】

カードのデザインは一般の方から募集した作品の中から人気投票で選ばれました。
【投票結果はこちら】

* * * *  カードのデザイン  * * * *

        

通年        card_01
2011年4〜6月  2011年4月〜6月_022011年4月〜6月_03

2011年7〜9月  2011年7月〜9月_04

2011年10〜12月2011年4月〜6月_062011年4月〜6月_07

2012年1〜3月  card_08card_09

* * * * * * * * * * * * * * * *

安全運転宣言をすると・・・
安全運転宣言カード(協力金¥100)を持ち、車にかわいいヤマネコのマグネットステッカーを貼って走行することができます。

安全運転宣言にある2つの内容のうち、どちらかを実行して西表野生生物保護センターへ来館すると、認定シールを差し上げます。

 2011/4/16 うるずんの西表島干潟観察会

 西表石垣パークボランティア連絡会の協力のもと、伊谷玄さん(西表島エコツーリズム協会)を講師に迎えて、後良川の河口で干潟の観察会を開催しました。
葉っぱにひもをつけてマングローブの木の根元にしかけておく実験や、カニの巣を石こうで型取りする実験、干潟の貝やカニなど小さな生き物たちの観察を通して、
マングローブとそこにすむ生き物たちのつながりを知ることができました。


▲ 貝の作った砂茶碗を観察

石こうを流し込むカニの巣型取り

▲左: シオマネキの巣に石こうを流し込んで巣型をとっているところ
▲右: 長かったり、曲がっていたり、さまざまな形をしていたカニの巣
カニが出てくるのを待つ
▲ 警戒心の強いシオマネキが巣穴から出てくるのをじっと待つ。カニの観察には辛抱が必要です。
葉っぱのしかけ葉っぱの結果
▲ しかけた葉っぱは・・・カニの巣穴に引き込まれ、半分は食べられていました。
葉っぱを食べたカニがフンを出し、さらに小さい生き物がそのフンや泥を食べ、それを栄養としてマングローブが育つ・・・そんな生き物たちのつながりが見えてきませんか?
 2011/3/1 冬の交通事故防止キャンペーン終了
☆安全運転へのご協力ありがとうございました。期間中にはヤマネコの交通事故は発生しませんでした。
 
キャンペーンは終了しましたが、引き続き、安全運転を心がけていただけますよう、お願いします。
 「ヤマネコたちのための安全運転宣言」試用開始
          
〜レンタカー業者との共同による野生動物の交通事故防止活動

安全運転宣言してみませんか?安全運転宣言書マグネットステッカー
左:ヤマネコたちのための安全運転宣言書
右:宣言をした人のレンタカーに貼るマグネット

安全運転宣言のお誘い
野生動物の交通事故を減らすために、「レンタカーのお客さまに安全運転宣言をしてもらう」という新しい試みを始めました。
【期間】
  2010年11月より試用開始
【実施機関】
  主催: 環境省那覇自然環境事務所
  共催: アイランドサービス空海・西表サザンレンタカー・西表島マックイーンレンタカー・西表レンタカー・エアポートレンタカー・ABCレンタカー・オリックスレンタカー西表島・大自然レンタカー・南西楽園レンタカー・みなとレンタカー・船浦レンタカー・やまねこレンタカー・株式会社レンタカーKei (五十音順)
【内容】
  西表島でレンタカーを運転する人たちに安全運転を心がけてもらうことが目的です。
安全運転宣言をすると・・・
安全運転宣言カード(協力金¥100)を持ち、車にかわいいヤマネコのマグネットステッカーを貼って走行することができます。

安全運転宣言にある2つの内容のうち、どちらかを実行して西表野生生物保護センターへ来館すると、認定シールを差し上げます。

デザイン募集中

 来年の本格的な活動開始に向けて、安全運転宣言カードのデザインを募集しています。
 詳しい募集要項は下からダウンロードしてご覧ください。

 安全運転宣言カードデザイン募集要項
 illustrater用テンプレート

 * 以下に西表島の生物の写真を掲載しています。カードのデザインとして使用していただくことができますので、ダウンロードしてご活用ください。
 (注)ここで掲載している写真は簡易版です。作品が入 選した場合、解像度の高い写真で完成版を作成していただきます。

サンプル1
サンプル2
サンプル3
サンプル4
サンプル5
サンプル6
サンプル7
サンプル8
サンプル9
サンプル10
サンプル11
サンプル12
サンプル13
 
             
 イリオモテヤマネコの交通事故防止ポスター展

 冬のキャンペーンのポスターとして島内の小中学校で募集した絵を、西表大原郵便局と西表島郵便局にて展示します。
 ユニークな絵が集まりましたので、ぜひ見に来てください♪

【西表大原郵便局(大原)】 2010年11月15日(月)〜11月29日(月)
※大原で開催したときの写真はこちら
【西表島郵便局(祖納)】 2010年12月1日(水)〜12月15日(火)
 「ヤマネコ注意標識おそうじ隊」終了しました!
 いい天気に恵まれ、3班に分かれて浦内から古見までの看板を磨きました。 西表から2名、石垣から4名、波照間から1名の方々が参加して下さいました。
 参加して下さった皆さん、いい汗かきましたね!本当にありがとうございました!!!

 この様子は来月のオオゴマダラ通信にも掲載されるようです。
おそうじ隊の報告は
こちらから


イリオモテヤマネコNEWS
 2010/11/1 冬の交通事故防止キャンペーンが始まりました。
2010冬の交通事故防止キャンペーン

2010冬ポスター
↑クリックすると詳細が見られます


  冬はオスネコの発情時期にあたり、その活動が活発になります。また、子ネコが独立する時期でもあり、ヤマネコの交通事故が発生しやすい傾向があります。

このため、今期も以下の内容で地域住民や観光客への啓発を行い注意喚起を促すことを目的としたキャンペーンを実施します。

☆ドライバーの皆様へ
  
事故防止へのご協力をお願いいたします。

【期間】
  2010年11月1日〜2011年2月28日
【実施機関】
  主催: 環境省那覇自然環境事務所
  共催: 沖縄森林管理署、西表森林環境保全ふれあいセンター、沖縄県、竹富町、竹富町教育委員会、八重山警察署、西表石垣国立公園パークボランティア連絡会 
【内容】
  ・西表島内各所にポスターの掲示
・西表島内各戸、レンタカー事業者、及び小中学校にチラシを配布
・西表島内各所におけるチラシの配布、着ぐるみによるPR活動
・レンタカー業者との共同による「野生動物の交通事故防止活動」実施
・イリオモテヤマネコの交通事故防止ポスター展
・注意標識の清掃
・竹富町防災無線による広報
・ヤマネコ観察会の実施
・事業者や島民を対象としたイリオモテヤマネコの勉強会の開催
・その他
 2010/2/27 ヤマネコ観察会のご報告
2010観察会写真

  2月27日にイリオモテヤマネコの調査体験観察会「ヤマネコ探偵団2010」を開催しました。

 ヤマネコになったつもりで自動撮影装置のカメラに写ってみたり、センターの近くにある田んぼでは、ヤマネコの痕跡調査をしたり、発信機を付けたヤマネコを受信機で探すラジオテレメトリー調査を体験したりしました。

 数日前まで雨の日が続き、どれくらい痕跡が残っているかと心配でしたが、予想以上にヤマネコの足跡がたくさん残っていて、参加者のみなさんが「こっちにもある!」「あっちにも!」と、数えきれないくらい見つけていました。

 参加者からは、足跡やふん、匂いで体感し、ヤマネコの生態についてどのように調査をしているのかを実際に体験できて、ヤマネコがここにすんでいるということを実感できたという感想をいただきました。

 2009年度イリオモテヤマネコ冬の交通事故防止キャンペーン終了
2009冬のキャンペーンポスター
↑クリックすると詳細が見られます
  残念ながら、期間中に2件の交通死亡事故が発生しました(1月3日大富〜古見間工事現場北 オス子ネコ、2月14日ヨナラ橋付近 オス亜成獣)。
2月の事故では、事故にあわれた方ご自身がすぐに連絡をくれ、救命の努力がなされました(残念ながら死亡)。
たとえ死んでしまっても、迅速な連絡はヤマネコの病気の検査やその後の事故対策に役立てることができます。 故意でない限り罪には問われません。緊急ダイヤルまで連絡を!(0980−85−5581)
 ヤマネコと人の交通事故ゼロカウントアップボードを設置!

カウントアップボード写真


 西表島内で車を運転されるドライバーに交通事故防止への関心を持ってもらうために、給油所や駐在所と協力してヤマネコと人の交通事故ゼロカウントアップボードを作成しました。

 現在は、駐在所、給油所のほかレンタカー会社にも設置されています。

 この無事故日数をいつまでも更新していけるよう、安全運転をお願いします!

 DVD「ぼくはよん」を作りました

DVD「ぼくはよん」イメージ


 当センターでは、現在世界で唯一イリオモテヤマネコを飼育しています。そのヤマネコの名前は「よん」。よんは仔ネコのときに交通事故にあい、保護されました。このDVDは、センターで撮影されたよんの映像を通して、イリオモテヤマネコの生態やヤマネコを取り巻くさまざまな問題について紹介しています。

 西表島内の小中学校で授業に活用していただけるように寄贈しました。

 センターの視聴覚室でも観ることができますので、お気軽に声をおかけください。

 

 

 

 


copyright@Iriomote Wildlife Conservation Center.All right reserved.