Iriomote Wildlife Conservation Center ロゴ
メニュー写真 
■HOME>
■センター施設情報
>
>
>
■TOPICS>
■西表島で気をつけていただきたいこと
>
>
>
>
>
■イリオモテヤマネコについて
>
>
>
>
>
>
>
>
>
西表野生生物保護センター
西表島で気をつけていただきたいこと
生き物たちを交通事故から守って!
西表島の幹線道路は、ヤマネコをはじめとする生きものたちにとって大切な、自然環境豊かな生息地の中を通っています。

道路には、カエルやカニ、ヘビやトカゲ、シロハラクイナなど小さな生きものたちはもちろん、ヤマネコ、カンムリワシ、キンバト、セマルハコガメなど希少な生きものたちもたくさん現れます。

幹線道路の制限速度は40km/hです(集落内はもっとゆっくり)。

集落を一歩出たら、そこはもうヤマネコの森です。

どうか、生きものたちの「おうち」の中を横切っているのだ、と感じてあげて下さい。そして、生きものたちが飛び出してきても止まれるスピードで走ってあげて下さい。

特に、ヤマネコにとっては交通事故問題が深刻です。
夕方暗くなる頃〜夜にかけて運転する方は注意して下さい。

危険箇所にはゼブラゾーン、道路標識、移動式看板(最新の目撃情報によって移動)があります。

ヤマネコ交通事故注意マップを見る
最新の目撃情報を見る


移動式看板写真 ゼブラゾーン

止まれる速さで優しい運転 制限速度で走ろう





道路標識
また、西表島の幹線道路には、ヤマネコなど生きものたちが危険な道路にあがらなくても無事に横断できるように、道路の下にトンネル(アンダーパス)がたくさん入っています。

でも、あまり人が近づくと、警戒心の強いヤマネコは、せっかくのアンダーパスを利用せず、道路上にあがってしまうかもしれません。

アンダーパスはむやみにのぞかないようにして下さいね。

アンダーパス

 


copyright@Iriomote Wildlife Conservation Center.All right reserved.