Iriomote Wildlife Conservation Center ロゴ
メニュー写真 
■HOME>
■センター施設情報
>
>
>
■TOPICS>
■西表島で気をつけていただきたいこと
>
>
>
>
>
■イリオモテヤマネコについて
>
>
>
>
>
> 西表島について
> おもしろ写真コーナー
> 職員紹介
> 2Fのお部屋紹介
西表野生生物保護センター
■西表島の希少生物

西表島には、イリオモテヤマネコのほかにも希少な生物が多く見られます。
そのほんの一部ですが、少しずつご紹介していきます。


カンムリワシ成鳥
カンムリワシ幼鳥
 カンムリワシ

 英名:Crested Serpent Eagle
 学名:Spilornis cheela

 東南アジアに広く分布し、日本では石垣島、西表島に留鳥として生息します。
 八重山では「鷲ぬ鳥節」という民謡にも歌われており、もっとも身近な猛禽類です。

※ 国の特別天然記念物    

  国内希少野生動植物種


西表島で標識されたカンムリワシ一覧
島の生きものNEWS「9月の注目生きもの【カンムリワシ幼鳥】
カンムリワシ・リサーチ

 ヤエヤマセマルハコガメ

 英名:Yellow-margined box turtle
 学名:Cuora flavomarginata

 中国大陸、台湾、日本に分布し、日本では石垣島、西表島に生息していますが人為的な持ち込みにより沖縄島や小浜島などでも見つかっています。

※国の天然記念物 

  ワシントン条約付属書II類

キシノウエトカゲ
 キシノウエトカゲ

英名:Kishinoue's Giant Skink
学名:Plestiodon kishinouyei

 宮古諸島と八重山諸島に生息する日本固有のトカゲ。成体で大きいものは体長が40cmにもなる国内最大種。

※国の天然記念物 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


copyright@Iriomote Wildlife Conservation Center.All right reserved.