Iriomote Wildlife Conservation Center ロゴ
メニュー写真 
■HOME>
■センター施設情報
>
>
>
■TOPICS>
■西表島で気をつけていただきたいこと
>
>
>
>
>
■イリオモテヤマネコについて
>
>
>
>
>
>
>
>
>
西表野生生物保護センター
■西表島について

九州〜西表島地図
西表島の自然環境

 西表島は、日本の最南端の八重山諸島に位置しています。黒潮の影響で、海中にはサンゴ礁が発達し、特に石垣島との間の石西礁湖は世界有数の美しさを誇っています。そして、陸上は亜熱帯の森林がほぼ全島を覆っています。
 西表島は雨が多く、沖縄で最大の河川である浦内川をはじめ、河川や沢が数多く発達した水の豊かな島です。実は世界的に見ても亜熱帯気候でこのように湿潤な環境は珍しいのです。
 また、地殻変動や海水面の上下動により何度か大陸と島がつながったため、大陸系、南方系の動植物が数多く生息しており、イリオモテヤマネコやショキタテナガエビなど、島に隔離されたことにより独自の進化を遂げた島固有の動物や、八重山、先島(宮古・八重山)固有の動植物もいます。
 このような、気候条件や湿潤な環境、大陸とつながったり離れたりした歴史が、西表島の独特で多様な生物相を生み出しました。


浦内川のマングローブ林写真
サキシマスオウノキ写真
サンゴ礁写真
セマルハコガメ写真
干立の節祭写真

copyright@Iriomote Wildlife Conservation Center.All right reserved.