Iriomote Wildlife Conservation Center ロゴ

メニュー写真 

■HOME>
■センター施設情報
>
>
>
■TOPICS>
■西表島で気をつけていただきたいこと
>
>
>
>
>
>
■イリオモテヤマネコについて
>
>
>
>
>
>
> 西表島について
> おもしろ写真コーナー
> 職員紹介
> 2Fのお部屋紹介
西表野生生物保護センター
ようこそIWCCへ

 西表野生生物保護センター(IWCC)は、イリオモテヤマネコの保護活動の拠点として整備された施設です。みなさんにイリオモテヤマネコをはじめとする西表島の自然について知ってもらい、野生生物や自然環境保全への理解や関心を深めていただきたいと思っています。

更新情報
 2015年7月16日
 

臨時休館のお知らせ(7月26日(日))

 
地域の豊年祭開催のため7月26日は臨時休館させていただきます。ご利用の皆さんにはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。その他、休館日についてはこちらをご覧ください。
 
 2015年7月9日
 
 
6月の目撃情報は、古見−大富間、相良、高那-ユツン間といった島の東部側で多くなりました。ヤマネコの子育ても始まり、仔ネコも目撃されるようになっています。引き続き安全運転をお願いします。ヤマネコ、特に仔ネコを目撃した際にはぜひ保護センターにご連絡ください。過去の目撃情報マップはこちらからご覧ください。
 
 2015年6月17日
 
島内各地で仔ネコが目撃されています!
 
仔ネコが目撃される季節になりました。道路に出てくる子ネコは交通事故に遭う恐れがとても強く心配です。警戒心が薄く、時には人は車に近寄ってくることがありますが、人馴れを防ぐために人間からは近寄らずにそっと見守ってあげてください。目撃した際にはぜひ保護センターまでご連絡ください。
 
 2015年3月26日 (2015年4月24日修正)
 

2件のヤマネコの交通死亡事故発生!!

 

3/20に保護センターからもほど近いアイラ橋付近でメスのヤマネコの交通事故が発生しました。続いて、3/24には高那の道路脇でも交通事故によるヤマネコの死体が発見されました。こちらは昨年、交通事故に遭ったものの野生復帰を果たしていた若いメスネコでした。それぞれ、詳しくはイリオモテヤマネコNEWS3/314/3更新分をご覧ください。

 
 その他
  毎月、皆さんから寄せられた情報をもとに交通事故防止のためにヤマネコ目撃情報マップを作成しています。過去の目撃情報マップはこちらからご覧いただけます。
 

〜メール通信 登録者募集中〜

 

西表野生生物保護センターでは、さまざまな情報を不定期にメール配信しています。

 

【配信内容】

   ・センターのイベント情報(観察会・ミニ講座・草刈りなど)

   ・ヤマネコ目撃情報      ・その他

 

メール配信を希望される方は、件名に「メール通信登録希望」と明記したうえで下記をRO-IRIOMOTE@env.go.jpまでお送りください。

   ・氏名 (ふりがな)
   ・お住まい 
    (西表島内の場合は地域名、島外は都道府県市町村)
   ・配信先メールアドレス 
   ・ご職業あるいはご所属

   ・センター通信を知ったきっかけ(ホームページ、チラシなど)

 

【お知らせ】

 

※保護センターでは生きたヤマネコはご覧いただけません。ヤマネコを保護している場合も野生復帰をさせる予定の個体は人馴れを防ぐために一般公開は行っておりません。ご了承ください。当センターではヤマネコの剥製や映像をご覧いただけます。

ヤマネコ写真

日々のできごとやお知らせは
イリオモテヤマネコNEWS
島の生きものNEWS
からもお知らせしています。

ヤマネコ交通事故注意マップ>>

イリオモテヤマネコや生き物たちの目撃情報募集中!ツボカビ消毒マップにご協力下さい!

ヤマネコ緊急ダイヤル 0980-85-5581

ヤマネコ検定(初級・中級・上級)を実施中です。ご希望の方はセンターにご来館の上、受付にお申し出ください。

西表石垣国立公園パークボランティア

 

西表島で気をつけていただきたいこと
■イリオモテヤマネコについて
世界でも西表島にしかいないイリオモテヤマネコについてもっと知ろう!
イリオモテヤマネコ写真

>西表島の希少生物
西表島は世界でもまれにみる
生きものの多様な島
>おもしろ写真コーナー
自動撮影に写った
生きもののおもしろ写真
>職員紹介
スタッフの自己紹介

>2Fお部屋紹介
展示以外の業務は2Fで行っています。
>西表島について
イリオモテヤマネコの棲む西表島ってどんなところ?

copyright@Iriomote Wildlife Conservation Center.All right reserved.